うつる【マイコプラズマ肺炎】の症状と潜伏期間。特に子供が危険な理由とは?

マイコプラズマ肺炎は子供が危険!

油断をした頃に流行がやってくる【マイコプラズマ肺炎】は、初期症状が風邪の症状に似ているため軽視してしまい、治療が遅れることが多い。

感染者の30%が肺炎を発症することから、重症化してしまうと命の危険もある怖い感染症です。

感染者の多くは子供

【マイコプラズマ肺炎】に感染し、患者として報告されている約80%は14歳以下ですが、15歳以上や成人でも感染が報告されているので注意が必要です。

【マイコプラズマ肺炎】が重症化する患者が多い原因としてあげられるのが、風邪とほとんど変わらない症状にあります。

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・咳・37~39℃以上の高熱という、まさに風邪の症状そのものなんです。

ひとつの特徴として、咳や発熱が異常に長引くという特徴がありますが、その異常に気づいた時には重症化していることがほとんど。。。

【マイコプラズマ肺炎】の潜伏期間

【マイコプラズマ肺炎】が全国的に増加し始めると、歯止めがなかなか効かなくなってしまう理由として潜伏期間の長さがあります。

感染してもすぐに症状が出ることはなく、発症するまで1~3週間も!長いときは4週間も潜伏しているケースもあるほど。

子供のマイコプラズマ肺炎対策とは?

感染経路も「飛沫感染」「接触感染」によるものなので、潜伏期間の長さが非常に怖い。。。

流行時はすぐに病院へ

【マイコプラズマ肺炎】が流行っている時期には、風邪の症状が出たら軽視せずに、早めに病院に行くことをおすすめします。

病院に行けば、血液検査やレントゲンによって、【マイコプラズマ肺炎】に感染しているのかがハッキリするので、近親者のためにも受診して明白にすることが大切です。

【マイコプラズマ肺炎】の治療法は?

特効薬とまではいきませんが、抗菌薬による治療法が主で、重症化している感染者は入院後に本格的な治療が行われます。

もしも、あなたの家族内に【マイコプラズマ肺炎】の疑いがある症状が出たら、すぐに病院で検査を受けるように促しましょう。

夫の浮気の証拠を掴み復讐離婚して慰謝料を払ってもらいたい人必見!
私が、おっとりとした性格だから油断しているのか、自宅のゴミ箱から飲食店の領収書やカードの明細が出てきて、浮気をしていると確信しました。 ...