2016【花粉症アレルギー】対策は薬や治療よりも吸わない付着させない!

花粉アレルギー対策最新情報

今や日本国民の1/4にあたる25%もの人が【花粉症】に苦しめられています。

年々、増え続けている花粉症患者ですが、何をするにも集中力が妨げられるため、花粉の飛散量がピークに達する頃は、仕事効率がガクンと下がるため、経済にも悪影響を及ぼしかねません。

ところで、あなたは人間が花粉症を発症するメカニズムを知っていますか?

花粉症のメカニズム

花粉が飛散し始めると、目には見えませんが空気中に大変多くの花粉が浮遊しています。

その花粉が、肌に付着するぶんには良いのですが、鼻や目の粘膜に付いてしまうと、人間の身体は異物と判断して抗体が作られます。

花粉アレルギーの主な症状

この抗体が、身体を異物から守ろうと頑張ってしまい、鼻水で花粉を洗い流そうとしたり、くしゃみで吹き飛ばそうとしたり、鼻を詰まらせ異物の侵入を防いだりするので、不快な状態になってしまうのです。

抗体は、良かれと思ってやっていることなんですが、私たちにとっては”ありがた迷惑”状態ですよね。。。

抗体くんのスイッチがあったらOFFにしたいww

花粉症は遺伝するの?

花粉症になる人と、ならない人がいるのは、生まれつき抗体ができやすいか、できにくいかに関係するので、抗体ができやすい体質は遺伝すると言われています。

また、育ってきた地域や環境によっても変わってきますが、花粉症の発症は、現在までの吸引量・付着量が密接に関係しています。

昨今は、温暖化の影響で春のスギ花粉量が増加していて、猛暑の後の春スギ花粉の飛散量は悲惨。。。ww

さらに、アレルギーは免疫力と深く関係しているため、ストレス社会にどっぷりと浸かり免疫力の低下した身体は特に影響を受けやすいのです。

スギ花粉・ヒノキ科花粉

関東地方では、2月下旬から4月下旬がスギ花粉のピークで、その後すぐにヒノキ科花粉がピークをむかえます。

花粉症患者のほとんどが、スギ花粉に悪影響を受けていますが、一年中、なにかしらの花粉が飛散しています。

花粉を大量に飛散させる杉林

この、多くの花粉に反応してしまう人が、世の中には存在することを考えると、スギだけだったら楽勝ですよね。。。とはならない!

「ようは、花粉が鼻や目の粘膜に付着しなければいいんでしょ!」と、マスク・メガネ・ゴーグル・帽子などを駆使しますが、ピーク時にはどれも通用しないですよね。。。

家の中ぐらいは快適に過ごしたい!

帰宅時、洋服に付着した花粉を、家に入る前に、はたき落としても結局室内に持ち込んでしまいますよね。

そんな時は、高性能な空気清浄機の出番ですが、これまた限界があります。。。

そこで、実践している方も多いかと思いますが、洗濯物の部屋干しが一石二鳥なんです。

なぜならば、外に干さないぶん、花粉が付着しないのは当然として、室内に干すことによって湿度が上がり、花粉の浮遊率を低下させることが出来るからです。

幼児や子供の花粉症

幼児や子供が花粉症の症状に悩まされているのを、見かけることが多くなったと感じませんか?

よく花粉症になる原因は、子供の時からの蓄積量だと言われていますが、これだけ子供の発症率が高くなってくると、蓄積量説は間違っているかもしれませんね。

子供の花粉アレルギー対策

だって、子供の花粉症発症率と大人の発症率が、ほぼ変わらないんですもん。

それにしても、子供の時からずっと花粉症に悩まされるなんて耐えられないですよね。。。

もしも、あなたのお子さんが花粉症を発症したら、すぐにアレルギー検査を受けることをお勧めします。

適切な治療を早い段階で受けることにより、重症化を防ぐことにも繋がります。

ついに受注再開!

テレビや新聞・ラジオなどで話題沸騰となり、注文が殺到したため出荷を停止していたオーダーマスクが遂に受注再開です!

花粉対策だけではなく、【PM2.5】【ウイルス】【菌】【放射能】などの微細粒子対策にも使用できるほど実力高いマスクです。

近日、このページで公開しますのでブックマークしてチェックして下さいね。

早い者勝ちになるかもしれません。。。

FX投資初心者のおすすめトレード手法資金運用セミナー《水平線トレーディングで負けなしプラス転換》
現在の日本は、先進国で最も貧困者が多い国という現状をご存知ですか? もしも、あなたが今の会社にリストラされたとしたら、すぐに雇用してく...